志士なる老犬

誤字・脱字・誤用の多々ある愚劣なブログです(礼)

情報規制・情報統制?

 

COVID19(新コロナ)は人工的に手を加えられた!?との情報が散見されます

 

欧州在住の中国人ウィルス学者と米国生物遺伝学科学者がそれらを報じていて、後者の科学者は「ラボ・イヴェント(人為的にウィルスを改造する実験室)にて引き起こされた」(90%以上の確率)と発しています

前者の学者もCOVID19は自然発生の可能性が非常に低いと述べています

 

空気感染も数十メートルから数百メートルとも語られ、「ランセット」(英国医学誌)に それら研究によって(41人の感染者)15%の致死率に達したと報告され前者の中国学者は「この感染拡大は尋常ではない」と直感したそうです

 

異変性(人工的に作られた産物!?)や毒性の強さもその中国学者は述べていて、突然死(町でパタッと倒れる)も、、急性の心臓損傷(感染患者の1割強)また半数以上に呼吸困難 また急性リンパ球菌の減少が起きた(6割以上)報告等の関連性も絡めて懸念を述べています

 

ランセット」の報告を見る限りにおいての(致死率15%)毒性の強さを認識しつつ、上述の感染力(中国当局も数百メートルとも!?)を含めて ヒト・ヒト感染にしても潜伏期間内に感染させる力も然りで、それら諸々を俯瞰しても懸念を発していることに我が国の対応や専門家等の声にも違和感があることは(我が国当局から抑えられているのか?)否めないのです

 

中国の猛烈な感染拡大を見ても、更にはクルーズ船の感染力(猛威)を見ても同様に!?

 

そして今もその中国から観光客が入っていること、更には「2週間以内に湖北省に行ったことがありますか?」とのアンケート用紙記入にて大手を振って入国していることも含めて(中国からの訪日外国人)これまた然りでありましょう

 

そもそも大枚はたいて日本の空港に着いて、追い返されるのを承知で「Yes」と書く人間がどれだけいるのか(仮に行ったとしても)?を考えれば容易に想像がつく訳で(普通の人なら)、東京(タクシー運転手)の感染を見ても「氷山の一角」としか思えないのです

 

ワタシでも「No」と記入します

 

予定組んで、更には大枚はたいてやっとその空港について わざわざ追い返されるような真似をする気が起きないからです

現状元気なのに(無症状 いや感染しているかどうかもわからないのに)、通常の高い航空運賃にてわざわざUターンなるザマを選択する人間がほぼほぼいない!?事を俯瞰しても然りでしょう

 

そういった諸々をふまえて 自覚のないテロリスト?といった物言いもみられ、そもそもそういったすべて(ケース)を想定して対策を打つことがまた「政治の務め」でもあり、その概念が希薄いやの現状をみても罪重きものを感じるのです

 

万事がそういった「場当たり政治」の浅薄さゆえにモノ申しているのであり、「今が良ければそれでいいじゃない」的な軽さの風潮がまたそういった政治を生み出しているものと思われ(無関心度{戦後二番目の低投票率})、忖度メディア(時たま見る報道系番組等)にて売名的?に出演しては 禁句(反論)を規制されては美味しいギャランティーを頂戴している面々をみても辟易感だけが募るだけです

 

「過大に不安感を煽るな!?」が平和ボケ政治国家と多くの国民のコンセンサスなれば 致し方ないザマでありましょう

 

「あ B29が飛んできたね まあ大丈夫しょ」

 

みたいな感じです(当時の大惨状{大敗戦}以前の少なくない国民の意識としての!?)

 

まあ大事に至らないことを切に願いますが(そして早期の終息) いやはやなんとも!?

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村


社会・経済ランキング